天然石パワーストーン サードオニキスについて

サードオニキス

サードオニキス

パワーストーン基本情報

【誕生石】:8月生まれの誕生石、【石言葉】:愛情、【効果願いこと】:復縁・恋愛運、【主な原産地】:ブラジル、ウルグアイ、インド、中国、ドイツなど

天然石パワーストーン説明

サードオニキスは和名「紅縞瑪瑙(べにしまめのう)」と言い、カルセドニーの一種で、微細な石英の結晶が集まってできた石です。ペリドットと同じく8月の誕生石の一つに数えられます。 サードオニキスの最大の特徴は、赤~褐色と白色の平行な縞状模様です。ちなみに、縞がなくオレンジ~赤色をしているものはカーネリアンと呼ばれます。 サードオニキスの特徴的な美しさは、古来から芸術品として人気がありました。

天然石パワーストーン効果・意味

新約聖書では都の城壁の土台に飾られていた東西南北系12種の宝石の中、北の宝石の1つがサードオニキスだと伝えられています。 サードオニキスには、「周りの人達との縁を大切にする」という意味が込められていますので、古代エジプト時代に始まり、多くの歴史書に名前があがり、夫婦の幸福や結婚運を象徴する石として知られています。 日本では、縁結びで有名な出雲大社の御神体は巨大なサードオニキスで作られていると言われています。

サードオニキスのパワーストーン商品一覧

  
該当商品が存在しません。